動画はオンデマンド時代に

動画はオンデマンド時代に

最近よく聞くようになったオンデマンドという言葉ですが、自分が見たいときに好きな過去の動画を選択して閲覧することができるというかなり画期的な方法だと思います。

 

これまではビデオレンタルショップにてDVDやブルーレイとしてパッケージされた映像しか見る事が不可能でしたが、これからは過去のテレビ番組やDVDにカットされなかった連続ドラマなど、マニアとしても満足のいく動画がネット経由で得る事が可能になっています。

 

昭和の日本のドラマなどは、探すことが困難だったのですが、これで自宅にいながら見たいときに簡単に選択することが可能になりました。

 

私が契約するときには、ある一定の金額を支払えば、どの番組も見放題というキャンペーンをやっていたために、かなり得した気分になったのです。ところが、このキャンペーンは現在も続いており、過去の動画に関してはいくらでもストックがあると言う意味のようです。

 

確かに、各テレビ局の毎週の番組が常にストックされ続けるはずなので、10年や20年が経過すれば、その番組の量はかなり大量になります。レンタルDVDなら有名な作品以外はレベルが低かったりするのですが、一度民放で放送されたドラマなのですから、ある程度のクオリティーが確保されています。